どれくらい必要?修理にかかる費用とは?

画面の修理代は保険加入状況により異なる

iPhone修理の場合、どの部分が故障したのかによって、かかる費用が大幅に異なるでしょう。 正規販売店、直営店、正規サービスプロバイダーでの修理の場合、部品が純正となるため、確実に直りますが、費用は通常の修理店よりも高めです。対して町の修理屋では正規の部品を使わないけれど、安く修理を完了させることが可能となります。ポイントとして挙げられているのは、どの部分でどれくらいの費用となるかでしょう。 画面の修理代金の場合、機種によらず平均的に3千円台からとなっていますが、保険適用外の場合には3万円となっているため、注意してください。また、機種が古い場合には1万5千円未満で修理できる場合もあるため、機種ごとに確認して依頼しましょう。

保証延長サービスがあると安い

正規だからこそ純正部品で高めとなりますが、更にリーズナブルになるポイントとして挙げられているのが、保障期間内か対象外かでしょう。対象外の場合、バッテリーを交換するだけでも3千円台から8千円台までかかります。しかし保障内であれば無料で行ってもらえるので、保障期間延長サービスをつけておくと便利です。 それ以外の修理であっても、保障期間内か期間外かによって、費用が大幅に異なるため注意してください。保障期間内であればどの修理であっても1万2千円程度で受け付けてもらえますが、保証期間外の場合には本体を買うのと同様の費用がかかります。保障期間延長サービスをつけておくと、万が一のトラブルにも役立つため、正規プロバイダで修理する場合には気をつけてください。

iphoneが起動しないときは、無理に起動しようとはせずに近くの修理をしてくれる店へ持ち込みましょう。