安くできるって本当??そのカラクリを知っておきましょう

非正規店が安い理由とは?

iPhone修理を検討している場合、正規店だと修理費用が高いので迷っているという方もいるでしょう。料金の問題が気になって修理を迷っているのであれば、非正規店を利用するのも1つの手です。非正規店を利用することで、正規店よりも安い費用で修理を行ってもらえます。

安く修理が行ってもらえると言われても、金額に違いがあると怪しいと感じる方もいるかもしれません。なぜ費用の違いが生まれるのかというと、修理に使われるパーツの差が関係しています。例えば正規店の場合には、メーカーが指定した正規のパーツを使って修理を行います。一方で非正規店は正規のパーツは使えないため、コピーして作ったパーツなどを使用しているので修理費用を抑えられます。

再生品とコピー品に注目する

非正規店におけるiPhone修理の中には、2つの修理価格を設定しているケースも見られます。2つの修理価格が設定している場合には、どのような違いがあるのか把握しておきましょう。 実際に2つの価格が設定されている場合には、多くの場合は修理に使われるパーツが再生品とコピー品というケースに分けられます。このうち再生品の場合には、正規のパーツを分解してガラス部分だけを非正規品と組み替えたなどの形のものです。一部が正規の部品が使われているため、安心して修理が任せられるという方は再生品の修理を依頼するのも1つの手です。一方でコピー品は、正規のパーツをまねて作られたものが修理に使われています。すべてが非正規品ですが修理費用が抑えられます。